学生ローン

クレジットカードを作ったり、キャッシングなどでお金が必要な場合、必ず誰でもが使用できるとは限らず、中には使用の際に学生ということで学生専用のクレジットカードを発行されたり、学生用のローンなどを使うこともあるでしょう。もちろん一般的なクレジットカードやローンと同じ使い方ができるのですが、普通の申し込みと違うところがいくつか出てくることもあります。特に一般のカードローンと学生向けカードローンを分けて運営しているところの場合、学生ローンのために専用の他の会社を紹介することもあるでしょう。 といっても、実際に借りる際にはどんな流れになるのでしょうか。また、お店に行って審査を申し込む場合と、インターネットから申し込みをする場合でもまたそれぞれ違うものです。 このため、学生でも借りれるカードローンに申し込む時にどういう流れになるのか知りたい、というのならば、それぞれの順番を知っておきましょう。また、審査内容についても触れることがありますので、その内容も一緒に見ていきましょう。ちなみにここではカードローンの申し込みからはじめ、審査に通った後のことまで説明します。それぞれのローンによっても微妙に違いはありますが、だいたいこのような流れです。

申込書類・申込フォームに記入し、学生証と証明書類を提出

まず、申し込みの際には申込書類や申し込みフォームに必要事項を記入します。 これは名前や住所、電話番号、生年月日など個人情報や、学生ならば学校名や学年、親の名前や親の連絡のつく電話番号などを記入します。インターネット上なら申し込みフォームに必要事項を記入します。 この時気をつけるのは、まず嘘は書かないということでしょう。親の名前や連絡先というのはその後の審査に必要なことなので必ず記入しましょう。学校の名前や学年などは学生証を提出して在籍を証明する必要があるので、嘘は書けません。 次に学生の場合は借りれるカードローンの種類が微妙に違う場合もあるので、借りれるかどうかの判断のために個人の証明となる証明書類と学生証などの学校に在籍していることを証明する書類を提出します。この個人の証明となる書類は免許証やパスポート等が最も有効ですが、保険証や住基カードなども対象になります。また、それ以外にもいくつかの書類が対象となりますので、もし即日発行して欲しいのならそのお店に一緒に持って行っておきましょう。また、学生証はクレジットカード一体型の場合はそのまま提出して構いません。 ちなみにインターネット申込の場合はこういった書類を写真にとってメールや専用フォームから画像データを送信することでも申し込みになります。

審査を行い、本人と親に連絡が行く場合もある

申込書類を提出し個人情報となる証明書類を提出したあとは、しばらく待ちます。これは即日発行できるカードローンならではのデメリットですが、審査のために少し時間をもらうことがあるのです。これはそれぞれのローン会社にもよりますが、最短で30分から1時間程度で発行となる場合もあれば、即日発行と言っていてもすぐには発行できないと判断されるケースもあります。 このため、借りれるかどうかの判断のための審査には少し時間がかかると考えておくといいでしょう。即日発行といっても、実際に借りれるようになるのには時間がかかります。この間はしばらく時間を潰しておきましょう。 ちなみにこの審査ですが、まずは社内審査となります。自分の会社で利用したことはあるか、損害を出したことがあるか、というようなことが審査されます。次に信用情報の審査です。これは登録している信用情報機関からあなたのこれまでの信用情報というものを取り寄せます。これは様々な金融にまつわる履歴であり、最も重要視するところもあります。 最後に本当に本人が申し込んだかの確認がなされ、また親への連絡が行く場合もあります。これはそれぞれの会社によっても違います。

即日発行される時の流れとその後どうすればいいか

そして、その人がそのローン会社から借りれる人だと判断されれば、カードローンの利用ができ、ローンカードが発行されます。また、銀行など一部の金融機関の中にはすでにキャッシュカードなどを持っている場合、それにローン機能を付け足す手続きを行います。これは社内で全て行いますので、こちらは何も行いません。 最後にその申し込みをした人に結果を伝え、審査により借りれるかどうか、借りれるとすればいくらなのかということを伝え、ローンカードを渡します。ちなみにこのあと利用についての詳細な書類や利用の仕方、流れなどについての説明があったり、会員規約が書かれた冊子などが渡されます。 このあとは自由に使うことができますが、カードローンの場合はすぐに使えるところもあればそうはないところもあります。クレジットカードの場合はキャッシング枠が設定されたとしても、即日発行されるカードは仮カードと言われすぐにお金を借りることができないカードとなっている場合もありますから、実質的に借りれるのはその後になってから、ということもあります。 なお、インターネットから申し込んだ場合はカードが家に届くまで待つ必要がありますが、カードが家に届いたらその後からカードローンの利用が可能になるのです。